読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまくらいふ 〜自然菜園とか日々の生活とか〜

お庭で肥料も農薬も使わない自然菜園にチャレンジする記録です。

PlantsNoteはじめました

今後、以下の野菜についてはPlantsNoteに記載します。

 

ステラミニトマト 『ミニトマト2016 B畝』 nikaido0209 | PlantsNote

琉球四角豆 『シカクマメ2016 F畝』 nikaido0209 | PlantsNote

あばしゴーヤ 『ゴーヤ2016 F畝』 nikaido0209 | PlantsNote

ウェルカム 『アスパラガス2016 D畝』 nikaido0209 | PlantsNote

ベニアズマ 『さつまいも2016 E畝』 nikaido0209 | PlantsNote

宏太郎葱 『宏太郎葱2016』 nikaido0209 | PlantsNote

横浜改良四寸 『ニンジン2016 A畝』 nikaido0209 | PlantsNote

ネギ-品種不明 『石倉一本ネギ 縦穴農法!?』 nikaido0209 | PlantsNote

 

 

 

 

2016年の教訓(来年度への申し送り)

ここに反省点など、気づいたことをまとめていこう。

 

・苗作り

直播きはなかなか難しい。原因としては今のところ、「土の力不足」「なめくじ」が考えられる。

発芽してもなめくじになめなめされて無くなっているケースが多々あった。できるだけ苗を作って植えたほうがいい。

直播きで育つのは今のところ枝豆ぐらい。

苗作りの際には市販の野菜用土で作るのが良さそう。培養土はなんかいまいち水はけが悪いような気がする。

本葉が出たら若いうちに定植するのがよいかもしれない。   そんなことはなさそう。しっかり育ててから定植したほうがいい。

棚を木陰において苗を育てる感じがいいかもしれない。(寒いうちは家の中)

 

・じゃがいもの種イモ作り

購入したらとりあえず暗くて涼しいところで安置。

定植時期の5日前にカット&日干し。干し過ぎるとだめになる・・・・

 

・バジル

トマトと同じ時期に育てたいならポットで苗を作ったほうがいいかもしれない。

直播きだとなかなか大きくならない?

 

・落花生

発芽しづらい。4箇所x2撒いて発芽したの1個だけ。

 

・直播き

直播きした幼芽には水やりは欠かせないかな。さすがに放置では育ちにくいか。。

 

・なめくじ対策

米ぬかが効きそう。米ぬかに集まってくるので新芽がやられずに済むかと思われる。

米ぬかは近くのJAの精米機から無料で手に入れられる。

 

・枝豆の遅蒔き

あまった種を6月末に蒔いたけど発芽せず。

 

 

夏野菜育苗メモ

右からゴーヤ4、トマトバックアップ用4、シカクマメ自家種2、シカクマメ昨年種2。

シカクマメは発芽テスト。

 

4/29 ゴーヤようやく発芽1箇所。

f:id:miztaka:20170429101357j:image

シカクマメは昨年購入種のみ1つ発芽。

 

クリエイティブな環境作り

先日テレビで金沢工業大学の「夢工房」が紹介されていました。大学側が10億規模の投資をしてモノづくりに必要な最新鋭の機械を揃え、学生達が自由に使えるようにしたところ、志願者増、就職成績アップ、各種コンテスト等での実績増などあらゆるプラス効果が出ているとのこと。

 

この事からふと「幼児期の環境作り」の大切さに気づきました。

子供の創作活動に必要な道具や素材を手の届くところに揃えておく事、家庭の「夢工房」を整えておく。

そうしたらきっといつか創造性を発揮して何か作ったりし始めるのではないか?と考えました。

 

道具に限らず、例えば図鑑や百科事典なんかも子供が好奇心湧いた時にすぐに調べられるような環境を整えておく事も重要ではないかと。

 

どんな知育玩具がいいだろうとあれこれ考えていましたが、そんなものより「環境作り」してあげるのが一番なのかなと思った次第です。

春、畑始動!

今年のテーマはよい苗を作ること!

温室作って例年より早めに蒔きました。

育苗土も空気が足りないんじゃないかと考え、赤玉土など混ぜ込んでみました。

じゃがいも畝もねぎをどかして準備万端です。

 

f:id:miztaka:20170311105426j:image

 

f:id:miztaka:20170311105431j:image

 

 

 

 

勇気づけメモ

失敗は学習のチャンス

  もう一度やってみたら?

 

批判は欠点を助長するだけ

  一緒に原因や解決策を考えよう

 

行為と行為者を区別しよう

  いつも泣いてるからといって「泣き虫」ではない。注意散漫だからといって「おっちょこちょい」ではない。ラベル貼りをしたら益々そうなっちゃう。

 

うちの子、野菜を食べないのだけど、「野菜嫌い」とレッテル貼ってはいけないな。

恐らく、毎日食べないとわかっていても少しでもいいからお皿に盛りつけて出して、だけど食べる?とか食べたら?とか一切言わず、さらっとしておくのがいいんだと思う。そうしたらいつか食べるようになるかも。

これは妻と話し合ってみないといけないな。

 

子供の「誤った目標」への対処

子供は本能的に所属感を求めています。自分が家族の一員、社会の一員であるという認識を(無意識にうちに)持ちたいのです。

所属感が欠如すると自分に注目してもらえるように(無意識のうちに)「誤った目標」を持ちます。ドライカースの「勇気づけて躾ける」では4つの誤った目標について述べられています。

 

過度の注目願望

権力への抵抗

復讐

無能・無力さの誇示

 

誤った目標のための行動に親がリアクションすると子供は目標を達成してしまうのでそれをやめないのです。

この問題への対処方法は概ね「注目しない」。

そしてよい行動にたくさん注意を払ってあげることでだんだん所属感が満たされ、誤った目標を持たなくなります。